忍者ブログ
2018年2月10日(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
整理番号:214

関東から始まり関西(大阪)で終えるスケジュールを
珍しいなと思っていたら、
新作LiveDVD・BD販促も兼ねていたようだ。
物販で予約を受け付けている。
大体は東京での公演をパッケージ化するものだけど、
会場の雰囲気も含めての総合評価で
大阪公演を選出したのかな?
であるならば藤井さんを支えるスタッフにも
高品質保証を貫く姿勢がうかがわれる。

開演前BGMはフランス語で歌われている曲。シャンソン?
少し遠めの場所に立ったので、下手のドラムセットと
センターのスタンドマイク以外は見えず。
じっくり空間を作り上げるビリビリと響くあのSEは無く、
比較的あっさり「Descent into madness」へと続いた。
ドラマーは山口美代子さん。

以下、控えめにポソポソ話す藤井さんのMCを少し。
うろ覚え御免。
・こんばんは。あったまった?(客:あったまったー!)
 じゃあ、寒い所へ(=テンポ遅めの曲が続くブロックへ)。
・オリンピックのスケボー見てて寝てない。
・(客:スカジャンはー?)スカジャンねぇ。
 中国で製作してるみたい。色々あって遅れてる。
・昔は忙殺のスケジュールをこなすだけで、
 ライブに楽しさを感じる事は無かった。
 でも死の際(きわ)から戻ると、
 (客の)楽しそうな顔を見るのも
 いいものだと思えるようになった。
 友達を誘って、連れて来てもらえるような、
 楽しいライブを心がけます。

少し緊張していたとも話していた藤井さん。
歌声は全て加工され、感情表現無く淡々と。
アクションにも派手さは無いが、両腕を広げた姿は
ライブを楽しめるようになった心境を
体現しているかのようだった。
よく見えなかったけど、モニターか柵に足をかけて
絶対領域を見せ付けて挑発したり、
柔らかな空気をまといジッと観客を見つめるなど、
かつて設けられていた距離感を知る人間としては
戸惑いを感じたほどの変化であった。
ジッと見つめる客を見つめ返す事はあったけど、
「ハッキリ見たくないからコンタクトしない」と
仰っていたくらいに遮断していたと記憶する。

藤井さんは歌以外の演奏無し。
思い切ったものだ。
森岡さんのトラック(ピアノとか歌声とか)は
ほとんど使われていなかったと思う。
お馴染みの曲に新曲を混ぜた1時間半。
アンコールは無し。

ロッカーに預けていた荷物を取り出し、
階段を降りて間もなく、横の扉からヒョイと
少しはにかんだ表情を浮かべた藤井さんが現れた。
1~2mの距離に立ったのは
お披露目Liveの時以来だ。腰抜ける。
ライブ中は後ろから照明を当てられ続ける
逆光の御方だけに、燦然と輝いちゃって驚きだ。
邪魔になってはいけないので、その一瞬を脳に刻み
サッサとその場を後にした。

***

開演前に物販で新作『R』を購入。
特典はサイン入りポスター。
翌日、聴いた。

森岡さんを失っては作風が睡蓮に寄るのも道理である。
「Below Zero」好き。「Drop」もイイ。
「Spell」は呪文と訳す方かな。歌にHydeさんの影響を感じる。
「LIVE」はまんま、ライブの為に作った感じ。
強いリズムで高揚させてから
チルアウト挟んでって構成が見える。


minus(-) / 「Spell ver1.0」 from New Mini Album「R」

拍手[0回]

PR

2015年8月28日(金)UNIT
整理番号126

当日は雨予報で、少しポツポツと来たあたりで入場。
一度フロアでドリンク交換して、は面倒なので
先に物販で新譜購入、そしてロッカーに荷物をIN。
ドリンク代500円損した。終演後に交換出来ないから。

フロアでは既に宇多丸さんがDJ。
DURAN DURAN
Hungry like the wolf→New moon on Monday→The Reflex
だったかな?
素晴らしい選曲。80年代盛り上がるわー。

ステージは背後と脇にスクリーン。
ギターやドラムといった楽器は無く、
ノートPCとDJ機材があるだけのシンプルさ。
出演者によってはキーボードも出て来たような。

概要はこちらで(怠)。
音楽ナタリー
藤井隆、多数のゲストとともに繰り広げたツアーファイナル

拍手[0回]



2015年8月9日(日)高円寺HIGH
整理番号124

スタートは映像から。
ルプルッヘル?「リプレッヘル」とは違うの?
造語とその意味も、ストーリー展開も、ほとんど記憶してない。
簡単に「これまでのPEVO」的補足から
映像が始まってくれないものかしら
(※インフォサイト「http://pevo.info/」に用語解説無し)。
と思いつつ、ボンヤリ眺める。
『NEOZIC』の次に何か用意されているのかと来てみたが、
特に何も進んでいない感じ。
ヴォルキスさんはチラッと状況説明のご出演だった。

拍手[0回]


2015年6月7日(日)渋谷公会堂
出演順:人間椅子、筋肉少女帯、筋肉少女帯人間椅子

BARKS『筋肉少女帯人間椅子、渋公にて“地獄の扉”オープン』
http://www.barks.jp/news/?id=1000116411

あれっ?電車が一本減ってる!?
下調べ不足にて30分遅刻。
くそー、ほどよい田舎めー
(日テレ『月曜から夜ふかし』にて、
 埼玉が「ほどよい田舎ランキング」1位獲得)。
今日ばかりは開演遅れて欲しかった(我)。

拍手[0回]



2014年11月10日(月)高円寺HIGH
Guest:山口慎一、MOMO

soyuz projectのラストライヴという事で、
連日のお出かけ(8日サッカー観戦、9日PEVO Live)に
悩むも、やはり初期から聴いていたのだからと決意、
福間さん代表のウェブショップからチケを購入、
黒い封筒で届いた。
鳥肌近衛兵の私、ことり事務所からのDMかと焦った。

メモより
・本編MC無しでノンストップ。
 懐かしいCG映像に「あ~、あったあった」と心で沸き立つ。
・アンコールでゲストの二人を呼んで
 アノニマスナベイベー。
・二人による弔辞ソロ。山口さんはノイジー。
 MOMOさんは人当たりの良さそうな音。
・結成からの日付・時刻カウントアップ映像は
 花の曲(ソロ名義の新曲)で終演。長かった!
・長いMCは命の綱である物販の話がメイン。
 ショップを立ち上げた、色々仕込むのが好きだから楽しい、
 黒い封筒でチケットを送ったのも葬式を意識した、
 とのこと。

空から星が降って来るような電子音を浴びた。
気持ち良し。
今後は「福間創」として曲を作って行くという。
周りの方々に聴かせた所、全く違うとの感想が寄せられたらしい。
終演時に流れた曲は、私の受けた感じでは
自然界に即しているというか、有機的というか、
視線が空から足元に変わったというか。
そりゃ「花」だからそうなんだけど、別の言い方すると
宇宙では息が出来ないことを認めたとか?
そういう感じにしとく。

拍手[0回]



1  - 2  - 3  - 4  - 5  - 6  - 
忍者ブログ | [PR]