忍者ブログ
『銀魂』


映画『銀魂』予告2【HD】2017年7月14日(金)公開

原作読まず、アニメ版観ず、
実写化した作品を観るパターンが多い。
『GANTZ』とか『東京喰種』とか。
原作ファンからはおおよそ批判される出来になるものだが、
それをせずにいられないほどに集客が見込めるのだろうな、
マンガ・アニメ関連は。

昨今はネットの普及で何事も暴かれてしまうため、
大人の事情を理解しながらも、
毛嫌いする向きも伺える。

この作品はコメディ要素が強く、
歴史ものでありながらSFでもあるという
荒唐無稽な演出の連続で、作りものである事を
過剰に見せ付けている。
物語の軸は熱い友情、仲間意識。
表現が現実から逸脱すればするほどに
「仲間を求める心情をまんま描いたら恥ずかしい」、
そんな照れ隠しを感じる。

堂本剛くんのシャナリ感は色気アリ。
誰もが思い切りの良い、振り切った演技を見せる中、
橋本環奈ちゃんは一つアタマ出てたと思う。
将来が楽しみ。

『湯を沸かすほどの熱い愛』

『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイト

余命系作品が流行りだそうで。
もしハッキリと死を意識し、受け入れた時には
先送りにしていた様々な事柄を
急いで片付けたくなるだろう。
そんな凝縮された死までの日々の記録。

主人公は他の登場人物それぞれの境遇に
ポジティブな収束をもたらす圧倒的な母性を見せるも、
自身は…という皮肉。
血のつながらない者同士でも生まれる、
血を分けたかのような愛の形。

ラストの演出はちょっと現実離れしていて、
そのフィクション感で涙が引っ込んでしまった。
それでも真に迫る宮沢りえさんを中心に繰り広げられる、
名ばかりではない実力派俳優たちの競演による佳作。

ただし、変態性欲が垣間見られる場面もあるから
ダメな人はダメかもしれない。
ちなみに私はウッとなった。

この終わり方は、と考えてた所に
良いタイミングでエンディング曲が流れた。
聞き覚えのある歌声。
minus(-)「B612」だ
(この曲ではクガツハズカム名義で参加)。
知らずに観た作品だから「!」と驚き、聴き入った。


きのこ帝国 - 愛のゆくえ

拍手[0回]

PR



Belgium v Japan - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 54

柴崎選手からの絶妙なスルーパスを受けた
原口選手のゴール、その形はハリルさん指導の賜物。
左サイドが主戦場で攻撃大好きな選手なのに、
右に回された上に守備面での負担大きく、
運動量も化け物級が求められた。
それでも腐らず耐えて耐えて貢献。
過去、競争相手になった乾選手と交代する時は
愛おしむようにハグしてた人格者
(あの可愛がり方は乾選手が犬に見えたが)。
しばらくの間、代表戦でのゴールが無くなってたから、
少しは報われたと感じられてたらいいな。

乾選手の得点は香川選手の芸術的キープからの
ヒールパスを受けての無回転ミドル。
あの美しさは時を止めたね。
ここで終わってりゃ良かった。

こんな悔しい負け方あるかよ。
未だ最後のシーンは見てられない。つらい。
ブラジルW杯での悔しさが成長を促したように、
モチベーションに変えてより強くなると信じたい。

敗退しちゃった後も引き続き観戦。
中でもクロアチアは延長戦が重なりヘトヘト、
それでも勝ち抜く強さが応援したい気持ちにさせてくれた。
決勝ではフランスより休息が一日少なく、不利だった。
疲労回復した状態で戦えてたら、と惜しい。
モドリッチ選手の大会MVP獲得は妥当。
バロンドールもあげたげて。

YAHOO!JAPANニュース
ミハエル・ミキッチが語る、親友ルカ・モドリッチ(ロシア杯MVP)の素顔

今大会は直前の監督交代で戦術の落とし込みが出来ない。
かつて同じクラブに所属していた選手を選んで連携面を省略、
西野さんのアレンジ能力が功を奏した感。
大迫・柴崎・昌子選手のセンターラインは堅かった。
サッカーも背骨がしっかりしてると強いんだな。
超攻撃的に出たのも良かった。
引いて守るとか、身体能力劣る日本人には向いてないわ。
運動量、組織力、素早さはストロングポイント。
長所を武器にして戦う方が不安感抑えられるだろうし。

ずっと「いぬいー!いぬいー!」騒いでた私の思いは報われた。
手術も選択肢にあったケガが治って本当に良かった。
香川選手とのコンビにはワクワク感が止まらない。


香川真治|カルトヒーローズ|ホノルルホテル|日本ワールドカップ2018チーム

W杯での戦いぶりを称えてか、
マンチェスター・ユナイテッドが動画をアップ。
アスリートというより
アーティストと言いたくなる美しいプレーの数々。
サッカーに関係ないけど
手タレか?ってくらい手が美しい。
モテてるぞ、たぶん。

W杯後は選手の進退や移籍が活発になる。
長谷部・本田・酒井高徳選手の代表引退は寂しい。
現役の間は各クラブでの活躍を楽しもう。

次はカタール。
出場決められるよう、応援だ。

拍手[0回]




Japan v Senegal - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 32

「やべーぞ」「つえーぞ」と恐れていたセネガル。
身体能力的には速さに追い付けない感じで、
一失点目はミスがらみだから仕方ないとして、
二失点目は柴崎選手の寄せが甘く股抜きされ、
走り込んだ選手に乾選手が間に合わずに取られた。
やべー、つえー、はえー。
フランスのセカンドチームとも言われるだけあって
個の能力高く、加えて組織力もあるセネガルは強い。

対し、日本は上手さが光ってた。
一点目は柴崎選手のロングボールを長友選手がトラップミス
(いいとこ出すなーと思ってた。強い体幹でカバーしたらしい)、
少し運び込んだところで乾選手に渡りシュート!
もう必殺技と言っていい角度。
「いぬいー!いぬいー!」騒いでた私、大満足。

ギリギリ引き分けに持ち込めたのは
岡崎選手がボール奪取からゴール前まで走り込んで
キーパーを二度釣り出したテクニック&献身と、
いいポジションで待機し、浮かさずゴールした
本田選手のテクニック&冷静さがあってこそ。
その間の大迫選手と乾選手とで左右に振ったパス交換も
見事だった。さすが国の最高峰、上手い選手ばっかりだ。

試合後、ネットではある観客が話題に。
セネガルのシュートがゴール裏のスタンドに飛び込んだ際、
そのボールをヘッドで受けたのだ。
私もそのシーンを観ていたけれど、経験者かな?程度だった。


あのヘディングの舞台裏も!? カカロニ菅谷のロシアW杯思い出トーク|#SKHT 2018.07.19

W杯開催中はサッカーキングチャンネルの
『みんなのコメスタ』も合わせて楽しんでいた。
プレビュー、レビュー、時に雑談と、テレビ中継の
サラッと感では物足りない人間に優しい番組。
誹謗中傷の悪質コメントには毅然とお断りを入れて
場を荒らさないよう治める良心も備えてる。
普段は月~金のお昼に放送、時にSPもありでガッツリ視聴。
カカロニさんゲスト回も観てた。
あの一瞬でも即バズるって、凄いわホント。


Japan v Poland - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 47

ポーランドは既に敗退が決まってるし、
勝ちに来るだろうと思ってた。
日本は自国マスコミにスタメンをバラされて
奇策がパー。まさか背中から撃たれるとはね。

控えに甘んじていた選手たちの躍動に期待するも、
緊張で視野が狭まってたのかミス連発でハラハラ。
暑さも手伝い、苦しい展開。
川島選手の活躍で失点1に留め、負けはしたが決勝進出。
ポーランドも勝って帰れるし、良かったね。
でも次ベルギーか、やべーな。

16強を喜ぶ気持ちが上回ってたから
コロンビアとセネガルの試合結果に委ねる策を取った事に対し、
特に思うことは無かった。
事前にこの記事(&番組)読んでたしね。

WorldFootballNews
『◆日本代表◆岡田武史が語る、代表監督に必要な覚悟「日本人は時として美学が言い訳になる」』
(元の記事が削除されてしまったので
 まとめサイトへリンク)

ファール数がポイントに関わるという事は、
それだけ危険なプレーを減らしたい意図がある。
予選は3試合の結果を受けて決勝進出が決まる。
日本は同グループ国と比較して
キレイなプレーをしたという事だ。

拍手[0回]


4年に一度の世界大会。華々しいサッカーのお祭り。
日本は厳しいアジア予選を勝ち抜いて出場権を獲得。
連続して突破してるから鈍りがちだけど、
他の国は建国以来初だったり、
何十年かぶりだったりするのだから、
大切に戦っていきたいものである。

が、2か月前に監督解任。
ブレる選考基準や戦術(選手の配置)など
不安要素を抱きながらも、協会はハリルさんで行くと
腹をくくったそぶりを見せていたからビックリ。
しかも結果ではなく
選手とのコミュニケーション不全を問題視し、
不意打ちで任を解くという責任転嫁かつ義理を欠く態度。
後任の西野さんは戸惑いを隠せない様子だった。
あらゆる角度から考えて選んだ道とはいえ、
「でもなー」と失望していた。
「それでも」の期待へと気持ちを切り替えられたのは
西野さんからサブ組と明言されていた選手たちが躍動した
開幕直前のパラグアイ戦。ケガ明けの選手もいたから
サブとしてたのかもしれないけども、戦い方が一変。
パスはもちろん、攻守の切り替え、ミスへのカバー、
判断力などの全ての面でスピードアップし、
鋭敏さが見て取れた。
柴崎選手の高速パスのおかげで、やっと香川選手が生きる。
これまでずっといい所にいても
出してもらえなかったもんねぇ(涙)。
ただ、本番もこのメンバーで行くかはわからない。
というか、不確定要素があり過ぎる。
これまで以上に心臓に悪いわ。


Colombia v Japan - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 16

予選同グループ、
特にコロンビア(のサポーター)からハッキリと
大量得点も狙えるとバカにされていた。
開始数分でPK献上、
さらにレッドで退場とは予想だにしなかっただろう。
長谷部選手から背中に気合いの一発をもらった香川選手は
相手GKに圧力をかけられても動じず、成功。
雄叫びを上げる姿にブラジル大会後に行われた
アジア杯での事を思い出した。
あの経験から再びここまで登って来るには
一体どれだけの努力があっただろうか。泣ける。

しかしこの後、攻めきれない展開が続き、
怪しい判定で取られたFKで壁の下に蹴られて失点。
後に「下に蹴って来るかもしれないから高く跳ばない」と
約束事があったにもかかわらず跳んでしまう
W杯特有の空気があるのだと記事で読んだ。
枠内でも止めに行けた川島選手は凄い。
大体は動けないそうな。

香川選手と交代で入った本田選手は数分でシュートを打ち、
CKを蹴って大迫選手のヘディングシュートを引き出した。
持ってる男は違うわぁ。

勝ち点+ハメス・ロドリゲス選手のシュートを足先で弾いて防いだ
大迫選手に「ハンパ無いって」が再燃。
キッパリした言動が面白いから、上手くいじられて欲しい。

拍手[0回]


ハリルさん代表監督契約解除から
イニエスタIN神戸と、
乱高下ひどいんですけど!

まずハリルさんの件から。
「大人しく引き下がれ」って意見もあるけど、
協会のトップにあんな失礼な態度取られたら
怒っても不思議はない。
「コミュニケーションの問題」とかボヤかして、
選手やスタッフに責任転嫁するとは卑しい性根。
勝率を1%でも上げるためと
監督をW杯未経験者の西野さんにって、どんな理屈よ。
言葉の壁よりも経験値の差が激しい、
そう考えて外国人監督を呼んで来たのではなかったか。
成績不振ならそう伝えればいい。
実際はW杯出場権を獲得し、
戦い方は現在のトレンドを踏まえていた。
それを満足に反映出来なかったのは選手の力量であり、
向き合わなければならない現実だ。
川島永嗣選手のブログに綴られていた、
4年かけて仕込んだチームを目前で取り上げられる虚しさを
想像すると、気の毒で仕方ない。

スポンサーの顔色見たなど諸説ある中、
かつてフランス人のトルシエさん(ベスト16進出)を敵視した
川淵さんの息がかかっているのが現会長で、
派閥争いの犠牲になったとの説が強力。
リアリストのハリルさんが
ウェットな人間関係で組織された協会に排除された格好。
これが真相なら腐ってるわ。最低。

ハリルさんの指揮する試合つまんないし、
プライドを傷つける物言い少なくなかったし、
タイトル獲得より選手選考を優先する姿勢には
応援する気持ちの持って行き場が無かった。
一方、地震被害を受けた熊本へのサポートを担ったり、
選手たちからは「普通のニコニコしたおじいちゃん」
だったりして、なんだかんだ評価はW杯後だと思ってた。

上層部がゴタゴタしているとはいえ、
W杯に挑む代表選手たちは頑張るしかないわけで、
私も関連商品を買う事で応援するわけで。


向かって右は三枚重ねのトイレットペーパー。
「シトラスの香り」が気になる。
柑橘系合わない私のお股が腫れてしまいそう。
パッケージにはフォーメーションが書かれてて、
4-3-3。トップとGKがムックで他全部ガチャピン。
意外にムックが人気ポジション。
左は「食べて応援」のばかうけ。緑茶が進むわ。
真ん中は紛らわしいJ-coke。サッカー無関係。
ほんのりカシスの香りも、味はコーラのまま。

そして、イニエスタがヴィッセル神戸に。
楽天がバルサの胸スポンサーを買った時点で、
もしかしたら敷かれていた路線だったのかもしれない。
それでも凄いな。
ポドルスキで腰抜かしてから1年も経ってない。
世界最高レベルの選手を生で観られるチャンス!
神戸行くのは難しいから埼スタで浦和戦か。
チケ取れる気しないぞ。

拍手[0回]



1  - 2  - 3  - 4  - 5  - 6  - 
忍者ブログ | [PR]