忍者ブログ


キリンチャレンジカップ2019
日本代表vsボリビア代表ハイライト

あからさまな興行試合だった。
神戸ゆかりの選手出場、
ビジャ&イニエスタ選手ゲスト
(香川選手とCLで交換したユニ披露)など、
活動資金を集める事情も含め、
多少のユルさが出るのは許容範囲だけど、
先々を考えて
真面目にアピールしたい選手たちの気持ちとは
リンクしない寒々しさを感じた。

招集されたのは各所属クラブで活躍していた、
「呼ぶべき」と評されていた選手ばかりだったし、
どんな戦い方になるかと、少なからず期待していた。

コロンビア戦での先発全とっかえって、
どういう意図なの?
サブだった選手並べて「はい、頑張って」と
出しただけにしか見えなかった。

「動き出しが無い、足元でばかり受けようとしている」と
解説者が苦言を呈していたが、
居る所にしか出せないくらい
一緒にプレーした経験が無かったんじゃないだろうか。

これでまた香川選手への批判が強まるかと思うと
やりきれないわ。
ロシアで上手く行ったのはリスクを恐れない縦パスを入れる選手
(柴崎、長谷部、吉田、昌子選手)がいたから。
ボリビア戦では後ろで回すばかりで誰も入れられなかった。
それで自ら降りて行って捌いてたんだけど、
これをやると得意エリアから離れてしまい、活躍出来ない。
構成メンバーによって極端に輝きが増したり鈍ったりするから
使いづらい選手かもしれない。
それでもスペシャルなタレントの持ち主である事に変わりない。

中島選手は見てて楽しいし、否定する気は全くないけど
コロンビア戦では対策されて消えたし、
ボリビア戦ではミスからのゴールだし、
楽観視できる試合内容では無かった。
攻撃時に約束事がまるで無い、個に頼り切る戦い方は
選手自身の調子にも左右される。
新BIG3とか持ち上げられてるけど、
南野選手も堂安選手も不調で無得点だよ。

戦況に合わせて動けていたのは乾選手くらい。
今はサイドバックが重要な役割を担っている。
前に走り切らない安西選手に指示出して、
チャンスを作れるようにしていた。

もしかしたらポゼッション縛りだったのかな?
コロンビア戦はカウンター縛りで。
選手によって得意な戦い方はあるとしても、
1試合の中で1、2種類しか用意せずにいたら
アジア杯の繰り返しになってしまう。
自信と自惚れは別物よ。

コロンビアは攻撃に耐える力、
ボリビアは守備をこじ開ける力を試したという点で、
納得のいくマッチメイクではあるんだけど、
ハリルさんの時と同じで、
見てて面白い戦い方をしないんだよね。
といってザックさんのような芸術的な戦い方では
勝てないから諦めざるを得なくて。

U-23選手権の方はボロ勝ちしてるから、
そっちに慰めてもらってる感じだわ。

拍手[0回]

PR




キリンチャレンジカップ2019
日本代表vsコロンビア代表ハイライト

中島選手の推進力が楽しい試合だった。
絶対後ろにボール蹴らないもんね。前しか見ない。
倒されても笛が鳴らされず、フワッとした空気が流れた時に
パッと立ち上がって再開した死んだふり作戦は笑った。
「楽しいサッカーを」という言葉には
こういう勝ちへの強い意識も含まれている訳で。
封じられてイラついてたファルカオ選手が
手でゴールしたのも笑った。
でもこれにカード出さないで
冨安選手の意図しないハンド取ってPKは無いよなぁ。
結局これが決勝点になってしまったし。
あれだけシュート打って決められなかった事が
敗因ではあるのだけど、惜しい負け方。

大迫選手頼りの戦い方
(ワントップにボール預けて2列目が前へ)とは違う、
別のパターンと云えるのは後半に柴崎選手が
CBの間に降りてボール捌いてたくらいかな。
今フランクフルトで長谷部選手が担ってるような役割。

大歓声を浴びながらピッチに入った時、
中島選手の肩を後ろからポンと叩いてった香川選手。
対策され、消されていた中島選手を生き返らせたのはさすが。
堂安選手が試合後のインタビューで一言目に
もう少し一緒にプレーしたかったと話したのは、
香川選手が入ってボールが左右に散るようになったからだろう。

アルゼンチンのメッシ選手のように、
批判の矢が向けられて気の毒な香川選手。
フォワードじゃないのに「点取れ」「勝たせろ」って、
誰か一人に責任負わせなきゃ気が済まないのかね。
一番に批判されるとしたら監督だろ?

交代で入った選手達が
戦況を改善出来ているのは良いんだけど、
とにかく入れるのが遅いよ、森保さん。
危機察知出来てるなら点取られる前でないと。

目立って良くない選手はいなかった。
もっとボコボコにされると思ってた。
次のボリビア戦では
ベンチだった選手たちを出して欲しい。

乾・香川・小林選手、上手かった。
引き出しがたくさんある感じ。
豊富な経験と賢さ。

拍手[0回]


期待の新戦力が次々に負傷で代表を辞退。
追加で乾選手と塩谷選手を招集して臨んだアジア杯。
ギリギリ勝ち進んでファイナルまで行ったのは立派だけど、
初戦のトルクメニスタン戦の再現みたいだった。
同じやられ方して負けた。

初戦はサイドに開いて
ゴール前固めてる相手DFを左右に振る
って修正をして、勝てた試合だった。
それをなぜやらなかったんだろう。
原口選手と堂安選手は
「ドリブルで中に入って」のワンパターンで
思考停止してた。

交代するなら後半開始から
堂安選手下げて乾選手入れて、原口選手を右に入れるとか、
2点を巻き返すんだから時間無駄にすんなよ!
もう、最後まで観たけど気分はどん底だったわ。
セレモニーで健闘称えるJFA会長の笑顔がまた腹立つ。
悔しさでどうにかなってしまいそうな選手たちの表情を前にして
どうして笑ってられるんだよ。
勝たせられなかった事を悔やんでくれよ。
明らかに分析も戦術も不足してたんだからさ。

森保監督の采配・意図に関する記事の中には
選手の自主性を促す狙いがあったとか何とか。
決勝でまでそんなテストしないで欲しいわ。
選手生命短い中、
一つでも多くのタイトルを獲得したいでしょうに。

準決勝での気合いの入り方からして、
勝利を喜びつつも燃え尽きを心配していた。
先発に乾選手の名前が無かった時点で
「ヤバイかも」と思ってた。
遠藤選手の負傷でボール奪取率が落ちるのも
目に見えてた。
そういう不安を吹き飛ばす勝利を願ってもいた。
前半で終わっちゃったもんなぁ。
Twitterで呟く気力なんか、湧くもんか。

気分沈没の私を引き上げてくれたのは
香川選手のレンタル移籍決定、即出場&大活躍の報。


【ハイライト】香川真司が鮮烈デビュー!途中出場から圧巻2ゴール
アンタルヤスポル vs ベシクタシュ
スュペル・リグ第20節 2019.2.3

点差あったからお披露目的に入れたんだろうけど、
約10分ほどの出場で2点決めるとか、どんだけスーパーなのよ。
これで次の試合への期待値が爆上げ。

ピッチに入った香川選手に
ボールをスルーして預けてくれての1点目、
フリーキックを任せてくれての2点目と、
既にチームメイトとの関係は良好な様子。
本当にこれからが楽しみ♪

あとは柴崎岳選手か。
サインまでしていたスペイン2部への移籍が
クラブ事情理由で破談。
使われないのわかってるのに移れない、
これじゃ幽閉だよ。
泣けて来る。

そしてもうすぐJリーグ開幕。
ゼロックス杯とマスコット総選挙を経て
華々しくドーンとね。

拍手[0回]




Belgium v Japan - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 54

柴崎選手からの絶妙なスルーパスを受けた
原口選手のゴール、その形はハリルさん指導の賜物。
左サイドが主戦場で攻撃大好きな選手なのに、
右に回された上に守備面での負担大きく、
運動量も化け物級が求められた。
それでも腐らず耐えて耐えて貢献。
過去、競争相手になった乾選手と交代する時は
愛おしむようにハグしてた人格者
(あの可愛がり方は乾選手が犬に見えたが)。
しばらくの間、代表戦でのゴールが無くなってたから、
少しは報われたと感じられてたらいいな。

乾選手の得点は香川選手の芸術的キープからの
ヒールパスを受けての無回転ミドル。
あの美しさは時を止めたね。
ここで終わってりゃ良かった。

こんな悔しい負け方あるかよ。
未だ最後のシーンは見てられない。つらい。
ブラジルW杯での悔しさが成長を促したように、
モチベーションに変えてより強くなると信じたい。

敗退しちゃった後も引き続き観戦。
中でもクロアチアは延長戦が重なりヘトヘト、
それでも勝ち抜く強さが応援したい気持ちにさせてくれた。
決勝ではフランスより休息が一日少なく、不利だった。
疲労回復した状態で戦えてたら、と惜しい。
モドリッチ選手の大会MVP獲得は妥当。
バロンドールもあげたげて。

YAHOO!JAPANニュース
ミハエル・ミキッチが語る、親友ルカ・モドリッチ(ロシア杯MVP)の素顔

今大会は直前の監督交代で戦術の落とし込みが出来ない。
かつて同じクラブに所属していた選手を選んで連携面を省略、
西野さんのアレンジ能力が功を奏した感。
大迫・柴崎・昌子選手のセンターラインは堅かった。
サッカーも背骨がしっかりしてると強いんだな。
超攻撃的に出たのも良かった。
引いて守るとか、身体能力劣る日本人には向いてないわ。
運動量、組織力、素早さはストロングポイント。
長所を武器にして戦う方が不安感抑えられるだろうし。

ずっと「いぬいー!いぬいー!」騒いでた私の思いは報われた。
手術も選択肢にあったケガが治って本当に良かった。
香川選手とのコンビにはワクワク感が止まらない。


香川真治|カルトヒーローズ|ホノルルホテル|日本ワールドカップ2018チーム

W杯での戦いぶりを称えてか、
マンチェスター・ユナイテッドが動画をアップ。
アスリートというより
アーティストと言いたくなる美しいプレーの数々。
サッカーに関係ないけど
手タレか?ってくらい手が美しい。
モテてるぞ、たぶん。

W杯後は選手の進退や移籍が活発になる。
長谷部・本田・酒井高徳選手の代表引退は寂しい。
現役の間は各クラブでの活躍を楽しもう。

次はカタール。
出場決められるよう、応援だ。

拍手[0回]




Japan v Senegal - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 32

「やべーぞ」「つえーぞ」と恐れていたセネガル。
身体能力的には速さに追い付けない感じで、
一失点目はミスがらみだから仕方ないとして、
二失点目は柴崎選手の寄せが甘く股抜きされ、
走り込んだ選手に乾選手が間に合わずに取られた。
やべー、つえー、はえー。
フランスのセカンドチームとも言われるだけあって
個の能力高く、加えて組織力もあるセネガルは強い。

対し、日本は上手さが光ってた。
一点目は柴崎選手のロングボールを長友選手がトラップミス
(いいとこ出すなーと思ってた。強い体幹でカバーしたらしい)、
少し運び込んだところで乾選手に渡りシュート!
もう必殺技と言っていい角度。
「いぬいー!いぬいー!」騒いでた私、大満足。

ギリギリ引き分けに持ち込めたのは
岡崎選手がボール奪取からゴール前まで走り込んで
キーパーを二度釣り出したテクニック&献身と、
いいポジションで待機し、浮かさずゴールした
本田選手のテクニック&冷静さがあってこそ。
その間の大迫選手と乾選手とで左右に振ったパス交換も
見事だった。さすが国の最高峰、上手い選手ばっかりだ。

試合後、ネットではある観客が話題に。
セネガルのシュートがゴール裏のスタンドに飛び込んだ際、
そのボールをヘッドで受けたのだ。
私もそのシーンを観ていたけれど、経験者かな?程度だった。


あのヘディングの舞台裏も!? カカロニ菅谷のロシアW杯思い出トーク|#SKHT 2018.07.19

W杯開催中はサッカーキングチャンネルの
『みんなのコメスタ』も合わせて楽しんでいた。
プレビュー、レビュー、時に雑談と、テレビ中継の
サラッと感では物足りない人間に優しい番組。
誹謗中傷の悪質コメントには毅然とお断りを入れて
場を荒らさないよう治める良心も備えてる。
普段は月~金のお昼に放送、時にSPもありでガッツリ視聴。
カカロニさんゲスト回も観てた。
あの一瞬でも即バズるって、凄いわホント。


Japan v Poland - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 47

ポーランドは既に敗退が決まってるし、
勝ちに来るだろうと思ってた。
日本は自国マスコミにスタメンをバラされて
奇策がパー。まさか背中から撃たれるとはね。

控えに甘んじていた選手たちの躍動に期待するも、
緊張で視野が狭まってたのかミス連発でハラハラ。
暑さも手伝い、苦しい展開。
川島選手の活躍で失点1に留め、負けはしたが決勝進出。
ポーランドも勝って帰れるし、良かったね。
でも次ベルギーか、やべーな。

16強を喜ぶ気持ちが上回ってたから
コロンビアとセネガルの試合結果に委ねる策を取った事に対し、
特に思うことは無かった。
事前にこの記事(&番組)読んでたしね。

WorldFootballNews
『◆日本代表◆岡田武史が語る、代表監督に必要な覚悟「日本人は時として美学が言い訳になる」』
(元の記事が削除されてしまったので
 まとめサイトへリンク)

ファール数がポイントに関わるという事は、
それだけ危険なプレーを減らしたい意図がある。
予選は3試合の結果を受けて決勝進出が決まる。
日本は同グループ国と比較して
キレイなプレーをしたという事だ。

拍手[0回]



1  - 2  - 3  - 4  - 
忍者ブログ | [PR]