忍者ブログ


キリンチャレンジカップ2019
日本代表vsボリビア代表ハイライト

あからさまな興行試合だった。
神戸ゆかりの選手出場、
ビジャ&イニエスタ選手ゲスト
(香川選手とCLで交換したユニ披露)など、
活動資金を集める事情も含め、
多少のユルさが出るのは許容範囲だけど、
先々を考えて
真面目にアピールしたい選手たちの気持ちとは
リンクしない寒々しさを感じた。

招集されたのは各所属クラブで活躍していた、
「呼ぶべき」と評されていた選手ばかりだったし、
どんな戦い方になるかと、少なからず期待していた。

コロンビア戦での先発全とっかえって、
どういう意図なの?
サブだった選手並べて「はい、頑張って」と
出しただけにしか見えなかった。

「動き出しが無い、足元でばかり受けようとしている」と
解説者が苦言を呈していたが、
居る所にしか出せないくらい
一緒にプレーした経験が無かったんじゃないだろうか。

これでまた香川選手への批判が強まるかと思うと
やりきれないわ。
ロシアで上手く行ったのはリスクを恐れない縦パスを入れる選手
(柴崎、長谷部、吉田、昌子選手)がいたから。
ボリビア戦では後ろで回すばかりで誰も入れられなかった。
それで自ら降りて行って捌いてたんだけど、
これをやると得意エリアから離れてしまい、活躍出来ない。
構成メンバーによって極端に輝きが増したり鈍ったりするから
使いづらい選手かもしれない。
それでもスペシャルなタレントの持ち主である事に変わりない。

中島選手は見てて楽しいし、否定する気は全くないけど
コロンビア戦では対策されて消えたし、
ボリビア戦ではミスからのゴールだし、
楽観視できる試合内容では無かった。
攻撃時に約束事がまるで無い、個に頼り切る戦い方は
選手自身の調子にも左右される。
新BIG3とか持ち上げられてるけど、
南野選手も堂安選手も不調で無得点だよ。

戦況に合わせて動けていたのは乾選手くらい。
今はサイドバックが重要な役割を担っている。
前に走り切らない安西選手に指示出して、
チャンスを作れるようにしていた。

もしかしたらポゼッション縛りだったのかな?
コロンビア戦はカウンター縛りで。
選手によって得意な戦い方はあるとしても、
1試合の中で1、2種類しか用意せずにいたら
アジア杯の繰り返しになってしまう。
自信と自惚れは別物よ。

コロンビアは攻撃に耐える力、
ボリビアは守備をこじ開ける力を試したという点で、
納得のいくマッチメイクではあるんだけど、
ハリルさんの時と同じで、
見てて面白い戦い方をしないんだよね。
といってザックさんのような芸術的な戦い方では
勝てないから諦めざるを得なくて。

U-23選手権の方はボロ勝ちしてるから、
そっちに慰めてもらってる感じだわ。

拍手[0回]

PR

Comment
Comment Form
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment List


1303  - 1302  - 1301  - 1300  - 1299  - 1298  - 1297  - 1296  - 
忍者ブログ | [PR]