忍者ブログ
ある出来事で湧いた怒りで大興奮、眠れない。
深呼吸して、執着を手放す方向に意識を変えたら
落ち着いたのか、眠れた。
そして見た夢は
(グロいので注意)

拍手[0回]

PR

2018年2月10日(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
整理番号:214

関東から始まり関西(大阪)で終えるスケジュールを
珍しいなと思っていたら、
新作LiveDVD・BD販促も兼ねていたようだ。
物販で予約を受け付けている。
大体は東京での公演をパッケージ化するものだけど、
会場の雰囲気も含めての総合評価で
大阪公演を選出したのかな?
であるならば藤井さんを支えるスタッフにも
高品質保証を貫く姿勢がうかがわれる。

開演前BGMはフランス語で歌われている曲。シャンソン?
少し遠めの場所に立ったので、下手のドラムセットと
センターのスタンドマイク以外は見えず。
じっくり空間を作り上げるビリビリと響くあのSEは無く、
比較的あっさり「Descent into madness」へと続いた。
ドラマーは山口美代子さん。

以下、控えめにポソポソ話す藤井さんのMCを少し。
うろ覚え御免。
・こんばんは。あったまった?(客:あったまったー!)
 じゃあ、寒い所へ(=テンポ遅めの曲が続くブロックへ)。
・オリンピックのスケボー見てて寝てない。
・(客:スカジャンはー?)スカジャンねぇ。
 中国で製作してるみたい。色々あって遅れてる。
・昔は忙殺のスケジュールをこなすだけで、
 ライブに楽しさを感じる事は無かった。
 でも死の際(きわ)から戻ると、
 (客の)楽しそうな顔を見るのも
 いいものだと思えるようになった。
 友達を誘って、連れて来てもらえるような、
 楽しいライブを心がけます。

少し緊張していたとも話していた藤井さん。
歌声は全て加工され、感情表現無く淡々と。
アクションにも派手さは無いが、両腕を広げた姿は
ライブを楽しめるようになった心境を
体現しているかのようだった。
よく見えなかったけど、モニターか柵に足をかけて
絶対領域を見せ付けて挑発したり、
柔らかな空気をまといジッと観客を見つめるなど、
かつて設けられていた距離感を知る人間としては
戸惑いを感じたほどの変化であった。
ジッと見つめる客を見つめ返す事はあったけど、
「ハッキリ見たくないからコンタクトしない」と
仰っていたくらいに遮断していたと記憶する。

藤井さんは歌以外の演奏無し。
思い切ったものだ。
森岡さんのトラック(ピアノとか歌声とか)は
ほとんど使われていなかったと思う。
お馴染みの曲に新曲を混ぜた1時間半。
アンコールは無し。

ロッカーに預けていた荷物を取り出し、
階段を降りて間もなく、横の扉からヒョイと
少しはにかんだ表情を浮かべた藤井さんが現れた。
1~2mの距離に立ったのは
お披露目Liveの時以来だ。腰抜ける。
ライブ中は後ろから照明を当てられ続ける
逆光の御方だけに、燦然と輝いちゃって驚きだ。
邪魔になってはいけないので、その一瞬を脳に刻み
サッサとその場を後にした。

***

開演前に物販で新作『R』を購入。
特典はサイン入りポスター。
翌日、聴いた。

森岡さんを失っては作風が睡蓮に寄るのも道理である。
「Below Zero」好き。「Drop」もイイ。
「Spell」は呪文と訳す方かな。歌にHydeさんの影響を感じる。
「LIVE」はまんま、ライブの為に作った感じ。
強いリズムで高揚させてから
チルアウト挟んでって構成が見える。


minus(-) / 「Spell ver1.0」 from New Mini Album「R」

拍手[0回]



TWIN PEAKS Official New Season Trailer - 25 Years Later (2017)

掘り下げた解説、分析、考察の記事や
著作物を読み込んで
受け売り並べてもしょうがないので、
私なりの感想をばダラダラと。
詫:ネタバレ含みます。

拍手[0回]


今日は遠藤さんの誕生日。
おめでとうございます。
瞬く間に過ぎ去るこの一分一秒が
活動再開に向けて積み重なっていると
信じて待ってます。

「この世の果てまででも
 あなたを愛せるなら」


Ends - 自由なこころ/Jiyuu na kokoro

拍手[0回]


今年の『スーパーのほほん学校』には行けなかった。
ゲストが内田さん、本城さん、橘高さん、
氣志團の綾小路翔さんではチケ瞬殺。
そもそもグーグー寝てて起きたの午後で、
これじゃやる気が疑われるというもの。
Twitterで感想ツイート探したのも今さっき。

やはり『氣志團万博』の話が出た様子。
今年の出演は無しかと残念に思っていたが、
WOWOW放送時に使われたエンディング曲は
作詞大槻さん、作曲NARASAKIさんの特撮コンビだった。
こういうソツの無さが翔さんの人格者たる所以か。

感想ツイ読む中、仰天したのがこれ。


『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』予告篇

恐ろしいな。
大槻さんにセリフ与えるなんて。
酷過ぎて『ドス竜』も『アイオー』も無口キャラ。
『ファンシィダンス』は間もへったくれもない
「世界は神が七日間かけて作ったものだ!」の一言で
出番終わったんじゃなかったっけ。
撮影裏話とか、聞きたかった。

で、タイトルの「老いるショック!」は
前回観た『のほ学』で大槻さんが取り上げた
みうらじゅんさんの造語。
老いを感じる出来事に「老いるショック!」と
口に出して衝撃を軽くする。

私もすっかり50前の中年、
精神・肉体共にジワジワと弱って来ているが、
年齢に囚われたり、逃げる言い訳にしたりと、
そういったネガティブさからは距離を置きたい。
しっかり向かい合って対策を施したい。
以降はここ数か月の老いるショック。

拍手[0回]



1  - 2  - 3  - 4  - 5  - 6  - 7  - 
忍者ブログ | [PR]