忍者ブログ
4年に一度の世界大会。華々しいサッカーのお祭り。
日本は厳しいアジア予選を勝ち抜いて出場権を獲得。
連続して突破してるから鈍りがちだけど、
他の国は建国以来初だったり、
何十年かぶりだったりするのだから、
大切に戦っていきたいものである。

が、2か月前に監督解任。
ブレる選考基準や戦術(選手の配置)など
不安要素を抱きながらも、協会はハリルさんで行くと
腹をくくったそぶりを見せていたからビックリ。
しかも結果ではなく
選手とのコミュニケーション不全を問題視し、
不意打ちで任を解くという責任転嫁かつ義理を欠く態度。
後任の西野さんは戸惑いを隠せない様子だった。
あらゆる角度から考えて選んだ道とはいえ、
「でもなー」と失望していた。
「それでも」の期待へと気持ちを切り替えられたのは
西野さんからサブ組と明言されていた選手たちが躍動した
開幕直前のパラグアイ戦。ケガ明けの選手もいたから
サブとしてたのかもしれないけども、戦い方が一変。
パスはもちろん、攻守の切り替え、ミスへのカバー、
判断力などの全ての面でスピードアップし、
鋭敏さが見て取れた。
柴崎選手の高速パスのおかげで、やっと香川選手が生きる。
これまでずっといい所にいても
出してもらえなかったもんねぇ(涙)。
ただ、本番もこのメンバーで行くかはわからない。
というか、不確定要素があり過ぎる。
これまで以上に心臓に悪いわ。


Colombia v Japan - 2018 FIFA World Cup Russia- Match 16

予選同グループ、
特にコロンビア(のサポーター)からハッキリと
大量得点も狙えるとバカにされていた。
開始数分でPK献上、
さらにレッドで退場とは予想だにしなかっただろう。
長谷部選手から背中に気合いの一発をもらった香川選手は
相手GKに圧力をかけられても動じず、成功。
雄叫びを上げる姿にブラジル大会後に行われた
アジア杯での事を思い出した。
あの経験から再びここまで登って来るには
一体どれだけの努力があっただろうか。泣ける。

しかしこの後、攻めきれない展開が続き、
怪しい判定で取られたFKで壁の下に蹴られて失点。
後に「下に蹴って来るかもしれないから高く跳ばない」と
約束事があったにもかかわらず跳んでしまう
W杯特有の空気があるのだと記事で読んだ。
枠内でも止めに行けた川島選手は凄い。
大体は動けないそうな。

香川選手と交代で入った本田選手は数分でシュートを打ち、
CKを蹴って大迫選手のヘディングシュートを引き出した。
持ってる男は違うわぁ。

勝ち点+ハメス・ロドリゲス選手のシュートを足先で弾いて防いだ
大迫選手に「ハンパ無いって」が再燃。
キッパリした言動が面白いから、上手くいじられて欲しい。

拍手[0回]

PR

Comment
Comment Form
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment List


1287  - 1286  - 1285  - 1284  - 1283  - 1282  - 1281  - 1280  - 1279  - 
忍者ブログ | [PR]