忍者ブログ


Japan vs Australia (2018 FIFA World Cup Qualifiers)

ブラジルW杯後の東アジア杯、アジア杯と
精彩を欠いた日本代表を「恐るるに足りず」と
対戦国はナメてかかって来るようになった。
そして最終予選、初戦のUAEに負けて以降は更に
「初戦に負けたら予選突破の可能性0%」
「オーストラリアには一度も勝てていない」
とのデータ(ジンクス)や
執拗なハリル監督へのバッシングといった
ネガティブ報道が相次ぐ中、
懸命に戦い、無敗で突き進んで来た。

日本はブラジルでの惨敗を反省し、
美しいスタイルを控え、
ボール保持者に戦いを挑み、奪い、
手短にゴールへと突き進む
高速カウンターサッカーへと方向転換した。
選手たちは試合に出るためにも監督の求めに応じて
プレースタイルを変える事も稀ではないだろうが、
弱点であるフィジカルを武器に立ち向かうとは、
精神面での転換も容易ではなかろう。

一方のオーストラリアも戦い方を変えていた。
ロングボール蹴ってヘディングでドーン!
これが日本を脅かしたパターンだったのだが、
ポゼッションサッカーを採用していた。
陣形も3バック。
かつてザックさんが試したけど
日本人選手には難しくて
(基本のゾーンディフェンスが身についてない)
断念したという、攻撃に重きを置いたスタイル。
コンフェデで健闘したのもあり、
一部の選手から日本に対して
少々敬意に欠ける発言が見られた。
慢心の立てたフラグをへし折る快感は何物にも代えがたい。

イラク戦後からはサッカー番組等で
オーストラリア対策が論じられていた。
ほぼ口をそろえて「3バックの裏を付け」。
怖いのは放り込みだけとも。
日本がアジア諸国を相手に手こずるのは
引いて出て来ないからで、
攻撃に出る相手には強いのだ。

先発メンバー(4-3-3)
乾、大迫、浅野
井出口、長谷部、山口
長友、昌子、吉田、酒井(宏)
川島

やった!いぬい!!
ファイターばっかりだね~。
決して落とせない試合はコンディション重視か。
誰が組み立てるの?って布陣だ。
ボール奪ったら即、大迫選手に当てる、
乾選手は左を切り裂く、
右は浅野選手が高速で裏抜けと、
攻撃に無駄が無い。
井手口&山口両選手が猟犬役。
長谷部選手が後ろでどっしり構える。
DF4人とGKも堅い、かない堅い。

意外にも長谷部選手からミスが出る。
浅野選手と酒井選手が合ってない。やばい。
セットプレーは井手口選手が担当か。
ガンバでも蹴ってるね。うまぁ~(←上手い)。

ハラハラな場面あってもカバー出来てるし、
体張って守るし、とにかく皆、走る走る。
何度も惜しい場面あったから
「そろそろ来るか?」とは思ってたけど、
前半の内に得点して良かった。
長友選手のドンピシャクロスに
相手DFのスキを突いて蹴り込んだ浅野選手、
佐藤寿人師匠の姿が見えたよ。

後半もオーストラリアは頑なに放り込まず、
つなぎ続けている。
数年前の日本を見ているようだ。

疲れの見え始めた乾選手から交代。
守備に攻撃にと素晴らしかった!
入った原口選手もすぐに起点作りまくり。
一コ前のチャンスを外して悔しがっていた
井手口選手のゴラッソは
原口選手が潰されながら出した優しいパスから生まれた。

交代したのはFW3人。
いかに前線からプレスかけていたかがわかる。
あれだけ走れたのは天候の助けもあったろう。
今年は何だか雨の多い、薄暗い夏。

W杯出場を決めた日本は早くも切り替え。
肩の脱臼が癒えていない香川選手と
膝に痛みが出た長谷部選手はドイツに戻る事に。
ジンクス覆せてホント良かった。
「オーストラリアに勝った事ない」ったって、
東アジア杯では勝ってるからね。
条件が違えば勝率も変わるよ。データはデータ。

今夜の対サウジアラビア戦は
今後の選手選考にも関係するから
気を抜いたりはしないだろうけれど、
勝敗によってサウジ、豪、UAE
各国の思惑が絡むから目が離せない。

私個人としては岡崎、柴崎、中村選手が見たいな。

拍手[0回]

PR

Comment
Comment Form
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment List


1272  - 1271  - 1270  - 1269  - 1268  - 1267  - 1266  - 
忍者ブログ | [PR]