忍者ブログ
奥には嗜虐タイプの
小児性愛者への恐怖がありそう。

BIGLOBEニュース
絵本“萌え絵論争”に出版社苦慮 「子ども自身が飛びつく絵を」と発注、「なぜ萌え絵にしたのか」と問い合わせ多く

ツイートが進むにつれ
表現が砕けて行くのが印象悪い。
いち企業の公式アカウントで
こんな不遜な態度を取っていいものかね。
最低限敬語貫けよ。
怒りに任せた投稿だと疑われてしまうだろ。

一連のツイを投稿した目的は何だろうか。
論争を収めるためなら
「買ってね」で締めてはいけない。
重ねて該当商品販売サイトへのリンクを
掲載している(買わせたい気持ちが出ている)点から、
萌え絵を好む層にも売りたいがゆえの
下心を疑われる可能性もあるからだ。

例え白々しくも徹底して、子供向けであり、
選択は自由であると伝えていたらと思う。
「最高だろ(←断定)。
 言う事無い(←断定)」からの
「買ってね(←親の教育方針無視?)」は
煽ってると取られてもおかしくない。
自信を持って、お楽しみいただける本だと
主張するのは必要な事だけど。

と、勝手な憶測交えてのスタッフ批判、
反応すんのそこ?って感じになってしまったけども、
「攻撃かわしたいなら他に言い方あったろ?」
と言いたかった。
自ら傷付きに行ってる感じなんだもの。

小さい頃に親しんだアニメや漫画作品を
大人になってから再び楽しむようになるまでは
許容出来ても、性的興奮の対象として、
ましてや凌辱する作品も流通している現状から、
本来は子供向けのはずが逆方向の連想
(子供を性対象として見る絵柄)をさせてしまい、
看過出来ないのかもしれないね。

他意の無い作家さんも問い詰められたりしてるのかな。
読者を選ばない絵柄なんて存在しないと思うよ。

拍手[0回]

PR

Comment
Comment Form
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment List


1295  - 1294  - 1293  - 1292  - 1291  - 1290  - 1289  - 1288  - 
忍者ブログ | [PR]